研究センターの紹介

研究センターの紹介

マップ

理化学研究所 横浜キャンパスは、生命と環境について、
様々な側面から研究を行う4つの研究センターを支える拠点です。
また、横浜キャンパスだけでなく、
和光キャンパス、神戸キャンパスにも
拠点を持つ研究センターもあり、
それぞれの拠点でサポートを受けながら、
研究活動を続けています。


生命医科学研究センター(IMS)

[主な拠点]
横浜キャンパス

“病気になる”メカニズムを解明し、個々人に合わせた医療と予防をめざす

個人ごとのゲノムや環境による違いを踏まえた正確で効率的な医療を実現するため、生命の恒常性の理解やその破綻による疾患発症機構の解明を目指した生命医科学研究を推進し、生活習慣病やがん、皮膚炎やリウマチをはじめとした慢性炎症の理解と治療に貢献します。

生命医科学研究センター


生命機能科学研究センター(BDR)

[主な拠点]
神戸キャンパス・大阪キャンパス・横浜キャンパス

ヒトを含む生命の生きた全体像を解き明かし、次世代のライフサイエンス研究を切り拓く

多細胞生物の誕生から死までのライフサイクルの進行を、分子・細胞・臓器の連関による調和のとれたシステムの成立とその維持、破綻に至る動的な過程として捉え、発生・成熟・老化現象の解明を目指します。また、その応用に基づく再生医療や診断技術の開発、健康寿命の延伸に取り組みます。

生命機能科学研究センター


環境資源科学研究センター(CSRS)

[主な拠点]
横浜キャンパス・和光キャンパス

環境負荷の少ない「モノづくり」を理念に「課題解決型」研究で、持続的社会の実現に貢献する

国連で採択された「持続可能な開発目標 (SDGs)」および温室効果ガス排出ゼロを目指す 「COP21」を指標に研究を推進しています。生物学と化学、さらに最先端のデータ科学等を融合し、天然資源からの有用物質の創製・探索および利用、持続的な食料生産やバイオ生産など、環境負荷の少ない「モノづくり」に挑戦しています。

環境資源科学研究センター

      

      

      


放射光科学研究センター(RSC)

[主な拠点]
播磨キャンパス・横浜キャンパス

ヒトを含む生命の生きた全体像を解き明かし、次世代のライフサイエンス研究を切り拓く

大型放射光施設(SPring-8)およびX線自由電子レーザー施設(SACLA)の安定した共用運転を行い、幅広い研究者等へ利用時間を提供しています。また、NMR施設の高度化を着実に進めて世界トップクラスを維持するとともに、SPring-8 およびSACLAとの相乗効果を生かした研究開発を推進しています。

放射光科学研究センター



▲このページの先頭へ