[2013年4月改組]
2013年4月をもって新たな組織に発展し、研究を展開しています。 > ライフサイエンス技術研究基盤センター
about us

ごあいさつ

生命分子システム基盤研究領域は、生命科学を物質科学に橋渡しし、生命分子メカニズムの論理的設計と生命科学における予測可能性を拡大することを目標としています。生命を多数の分子システムの集合と捉え、そのシステム要素間の相互作用を立体構造レベルのメカニズムとして解明することで、タンパク質、核酸、脂質など、物質の法則に基づいた生命の根幹を担う生命分子システムの仕組みを解明し、生命を理解します。そして生命分子システムの再現といった観点から、システムとしての機能を試験管内に再構成する新規のシステム研究技術を開発します。また、新しい機能を持つタンパク質、核酸を創出し、生命科学研究にとって強力な手法を提供することで、様々な産業に応用します。さらに、様々な病気の医薬品、治療法や診断法、予防法の開発や、優れた機能を持つ食品開発等によって、我々の健康や環境の向上に貢献します。

基本方針