[2013年4月改組]
2013年4月をもって新たな組織に発展し、研究を展開しています。 > ライフサイエンス技術研究基盤センター
about us

沿革

1995年 3月
12月
  • 構造ゲノミクスパイロットプロジェクト予備調査
1997年 4月
  • 第2期構造ゲノミクスパイロットプロジェクト(Protein Folds Project)予備調査
1998年10月
  • 理化学研究所ゲノム科学総合研究センター(Genomic Sciences Center/GSC)新設
    タンパク質構造・機能研究グループ新設(和光研究所)
2000年 4月
  • NMR施設第一期棟完成(西NMR棟)
10月
  • 理化学研究所横浜研究所開所
  • 理化学研究所GSCが横浜キャンパスに移転
2001年 4月
  • 理化学研究所構造プロテオミクス研究推進本部(RIKEN Structural Genomics/Proteomics Initiative/RSGI)設立
2002年 4月
  • 文部科学省 タンパク3000プロジェクト開始
10月
  • NMR施設第二期棟完成(中央NMR棟)
2005年 7月
  • 文部科学省 新興・再興感染症拠点形成プログラム開始
2006年 9月
  • 文部科学省 タンパク質解析基盤技術開発開始
2007年 3月
  • 文部科学省 タンパク3000プロジェクト終了
4月
  • タンパク質構造・機能研究グループからタンパク質基盤研究グループに組織変更
 
  • 文部科学省 先端研究施設共用イノベーション創出事業開始
7月
  • 文部科学省 ターゲットタンパク研究プログラム開始
2008年 4月
  • タンパク質基盤研究グループから生命分子システム基盤研究領域に組織変更